iichiさんにて、アートポスター『千日紅』

 

販売しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『His Cigarette・1』(2021)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『Realism』(2021)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

『His Cigarette・2』(2021)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『雨ふりてくてく・Walking in the Rain』

(2021)おのだ希

 

個展『Days with You 旅と日々』より

OPA gallery さんにて。展示は終了しました。)

 

冊子を作った後に描いたので、

冊子『Days with You』には載っていない作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

『おこってますのよ・I’m Angry』

(2021)おのだ希

 

個展『Days with You 旅と日々』より

OPA gallery さんにて。展示は終了しました。)

 

冊子を作った後に描いたので、

冊子『Days with You』には載っていない作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ひなげし・The Poppy 2021』

(2021)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『アイリス・The Iris 2021』

(2021)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『A Piece of Passion・情熱のかけら』

(2021)おのだ希

 

 

(透明水彩絵具で描いています。)

 

 

 

(先日終了いたしました)

おのだ希個展『Days with You 旅と日々』より

 

日々を旅して、歩む楽しみ。

小さな愛するモチーフたちを

ペンと色鉛筆で描きました。

 

 

こちらの言葉、たった3行ですが

展示の絵の感覚と絵の内容を、

短い言葉で的確に伝えるというのが難しくて、

ギャラリーの方の愛のあるダメ出しと

自分のアイデア出しと推敲とで

文章が出来上がるのに、何日も何日もかかりました。

 

 

ギャラリーの搬入のときに

どうしたら、文章ってうまくなりますか?

DMはがき、短い文章なのに

とても難しかったんですよね …

というお話をギャラリーの方にすると、

短い文章だから、余計難しいんだよ

本をたくさん読むしかないんじゃない?って。

 

 

それから … ほら、俳句のプレバト(TV番組)の

夏井先生の添削ってあざやかですごいですよね、

そうですよね、というお話に。

 

 

 

ところで、わたしが普段読む本は

絵本、楽譜、アート関係の本がすきで、多いです。

 

その他の文章の本で最近読むのは

吉本ばななさん、石井ゆかりさん、原田マハさん、

松浦弥太郎さん、糸井重里さん、

皆川明さん、谷川俊太郎さんなどなど。

 

名前を挙げた方の本は全て集めているとか

全て読んでいるとか …

そういうわけでは全然なくて、

それぞれほんのちょっとずつしか持っていませんが。

 

 

それから、学生の頃は漫画がだいすきで

本屋のアルバイト仲間たちと、いろんな漫画を

お互いにいつも貸し借りしていました。楽しかった。

 

それぞれの漫画の美しい線と

ストーリーのスケールの大きさに夢中でした。

 

 

また、2015年発行の漫画のような本

 

『ヨーコさんの “ 言葉 ”』

佐野洋子 文 北村裕花 絵

 

なんかすきなんです。

いくつもある短編のお話の中でも

すきなところは、何回でも読んでしまいます。

漫画のように読めるところも、

お話のするどい(冴えている)ところも。

絵も。いい。

 

 

 

そんなこんなですが、

読書、頑張らなきゃ。

楽しみのひとつでも、あるのですけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『光のたわむれ・The Lights Play』

(2021)おのだ希

 

 

 

先日にひきつづき、透明水彩です。

 

 

春蔵絵具さんのHARUZO アーチスト透明水彩絵具と、

 

月光荘画材店さんのWATER COLOURS(透明水彩)

 

を使って描きました。

 

 

普段から月光荘さんのスケッチブックには

お世話になっています。

 

先日のわたしの個展『Days with You』のとき、

個展のDMはがきを

(奈良からなので郵送でしたので)

置いてくださったのでご挨拶に伺いました。

 

それから時間は前後しますが

個展の際にギャラリーで、たまたまお会いした

詩人であり、そして

透明水彩で絵を描かれる方

(平岡淳子展・歌集『ごきげんよう』刊行記念)

のDMはがきをいただいて、

『やわらかくてすてきな絵だなぁ …

わたしももしかしてちょっと透明水彩、

使ってみたいな。』と感じて、

後日、月光荘さんにお伺いした時に

すきな色を少しだけ購入したのです。

 

 

春蔵絵具さんのも月光荘さんのも

透明水彩、淡い色が美しいです。

 

大切に、 Smile ☆ で描こう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『Feeling like a Snail

・カタツムリのような気持ち』

(2021)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『Water Is Spilled・こぼれる』

(2021)おのだ希

 

 

 

 

 

上の2点は、

2010年横浜ヴァージンフェスタにて

春蔵絵具賞をいただいた時に、くださった

HARUZO アーチスト透明水彩絵具で

描きました。

 

わたしは昔、不透明水彩絵具のグワッシュで水彩紙に

それからのちはアクリル絵具でキャンバスや水彩紙に

もっぱら描いておりますので、

大人になってから透明水彩ははじめてと

言っても過言ではありません。

 

同じ水彩のような表現でも

(ホームページの画像では

わかりにくいかもしれませんが … )

 

アクリル絵具は、少しはっきりとして華やかな色

透明水彩絵具は、柔らかで優しい落ち着いた色

になります。

 

その違いも、ちょっとおもしろい。

 

 

春蔵絵具さん

遅くなりましてごめんなさい、

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

『おのだ希個展Days with Youにてドローイング』

(2021)

 

 

先日のOPA gallery さんでの

個展の写真などを、ニュースページ

アップいたしました。

ぜひご覧くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

『和ノ屋さんのお野菜・こごみ』

 

 

 

 

『和ノ屋さんのお野菜・のらぼう菜』

 

 

 

 

 

『和ノ屋さんのおやつ・

ほしいも&たまゆたか』

 

 

 

個展に来てくれた友人から、

友人が大切に育てたお野菜とお芋のおやつを

いただきました。

 

ほしいも、たまゆたかはもう食べちゃった、

甘さがちょうどよくて、かわいい甘さです。

 

こごみと、のらぼう菜は今日の晩ごはんに

おひたしを作る予定です。

ゆがいて、お醤油と鰹節で美味しいよ

と教えてくれたので…

 

 

 

下記は友人がくれたカードに、

書かれていた言葉です。

 

 

: : : : : : : : :

 

自然農・不耕起栽培

『和ノ屋』

四季に寄り添い

草花や虫たちも育つ畑で

(百の仕事をこなす)

お百姓さんを目指し

自然農で

野菜や、豆、麦を育てています

 

: : : : : : : : :

 

 

 

本当にありがとう。

今日の晩ごはんも楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『The Sunset・夕日』(2021)おのだ希