何年も前、10年くらい前?かな。

それまでもママだったけれど、

さらにママになる友人に、プレゼントした

ワンピース。

 

無印良品の無地の夏ワンピに、

布に描ける絵具で、デコレーション。

お花ワンピに。

 

写真を見てたら、ブログに載せたくなって

載せています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『LES CHOSES QUI S’EN VONT』

Beatrice Alemagna(絵・文)

 

 

上記のフランス語の絵本を、

辞書を引きつつ訳しながら、読み終えました。

 

 

『行ってしまうものたち』(タイトル)

(過ぎ去っていくものたち)

 

 

毎ページ、驚きと楽しみがあって、かわいくて。

 

最後、とても、あたたかい . . .

 

(そう、最後も . . .

 

とっておきの、絵と言葉。

 

ちょっと驚きました。)

 

 

 

生きとし生けるものの持つ、祈り

 

連綿とつないできた、生きる祈り

 

 

を感じました。

(宗教的なものではなくて)

 

 

 

内容を書くのは、差し控えますが、

 

とてもすきな . . . 絵本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『金魚水・Goldfish Water』

(2020)おのだ希

 

 

 

 

わたしの中にも、

 

“金魚水”のような炎があるのかしら

 

 

 

 

描きたいのは、

 

何かを証明するため?ではない

 

爪あとを残すため? 違う。

 

 

 

 

今まで生きてきた年月よりも

 

これから生きる年月の方がきっと少ないから

 

 

 

わたしが死んだら、描きたまりすぎた

 

絵の紙たちは、たくさんすぎて、

 

処分に困りませんように(笑)と

 

思うほど。

 

 

 

 

 

でもね

 

魔法があるのがすきなの

 

 

 

描くと

 

どこかへ、何かが発見できる気がして

 

 

 

年甲斐もなく、わくわくしたいの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『海色』(2020)おのだ希

 

 

 

 

今日の、石井ゆかりさんの星占いが

 

“「魅力」が必ずしも完全さから

生まれるものではないことに

気づかされるような日”

 

でした。

 

心に、書いておこう。

 

 

絵を描いていると、細かく細かく完璧にと

 

なっていきがちだから、はっとしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『オニユリ・The Tiger Lily』

(2020)おのだ希

 

 

 

勇ましい名前のユリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『オリーブの葉』(2020)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『朝に出会ったネコ』(2020)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『蜘蛛のしずく糸』(2020)おのだ希

 

 

 

清らかな、宝石みたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『のんびりさん』(2020)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『The Swallow 2020』(2020)おのだ希

 

 

早朝散歩に行くと、ツバメがたくさん

飛んでいました。

 

 

いつもスケッチを試みるのですが、

飛んでたりすると、ツバメの動きが早くて、

うまく描けなかったのですけれど . . .

 

 

今日は、飛んでいるのをじっと目で観察しつつ

まず羽のかたちを集中して捉えて

次は尾、最後に頭、と描きました。

 

 

シンプルなフォルムですけれど、

意外とむずかしい! ☆ です。

 

 

やっと、一羽 〜(笑)

 

でも、うれしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

装画の仕事をさせていただきました。

 

『罪を犯した女たち』藤野京子著