『キバナコスモス・Golden Cosmos』

(2020)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、テーブルにお花があって、

同じくテーブルに飾っている

ポストカードの絵が隠れて見えない . . .

 

ということで、ポストカードのフレームを

部屋の壁に移動。移動ついでに、模様替えです。

 

 

選んだのはパウル・クレー(Paul Klee)

の『忘れっぽい天使』という作品。

 

こんな絵です。下の絵はわたしの模写です。

 

 

 

 

 

 

模写しているだけでも、ホワホワ〜。

 

そのホワホワはごはんをいただく、

 

しあわせと、似てる . . .

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしの、だいすきな、タカラモノです。

ドラ(ノゾ)えもんの、ポッケの中 . . .

 

 

今までに絵に描いたものも多いですが

 

ミモザ、スターチス、紫陽花、

椿(実は山茶花かも。枯れて

すごく小さくなったのでわかるかな。)、

セミの翅、鳥の羽、海岸の石、

サンゴの抜け殻、小さな赤い葉、やまのいも、

貝殻、カタツムリの殻、どんぐり、など。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、趣味の読書のこと。絵本です。

 

 

Beatrice Alemagna さんの絵本に

初めて出会ったのは、2017年のこと。

 

フランス語の『mon amour』という

絵本でした . . . !

 

 

わたしが、その本を読んで日本語に

たどたどしく訳した2017年9月の記事が、

下部にございます。

 

 

 

彼女の絵本は . . .

日本語版が、出版されている絵本もあって

 

ベアトリーチェ・アレマーニャ

みやがわ えりこ 訳

『こどもってね . . . . . .』

(きじとら出版)

 

を読みました。

 

 

 

 

 

 

 

この絵本を読むと、

小さな元気のお花が、心にひょこっと顔を出す。

誰もがそう、って保証はできないけれど

 

わたしはすきな本なの。

 

 

いろんなこどもが主人公です。

Beatriceさんのあたたかな語りと

大胆で繊細な絵が、畑を耕すみたいに、

ほくほくと。

 

 

 

 

 

 

2017年9月4日のブログより (下記 ↓ )

 

 

: : : : : : : : : : :

 

先日、パビリオンさんにて、見つけた

外国の絵本です。

フランス語でしたので、

わたしの訳、まちがっているかも!

 

 

『mon amour/Beatrice Alemagna著』より

 

 

ぼくは 変わった どうぶつなんだ

その変わったところといえば、

犬の毛のからだ、

そして、ぶたさんの顔。

 

 

「大きな雄ねこさん、

私の家に来て、ねずみを退治してくれない?」

 

ごめんなさい、マダム

ぼくはねこじゃないんです。

 

 

「あ、みて、あそこに

変わったおさるがいるよ!」

 

ねぇ!ぼくは、おさるじゃないよ!

 

 

「このこはなに?ねずみさん?」

 

ちがうよ!

 

 

 

「きみは、鳩なのかい?」

 

ううん。

 

 

 

「さてみなさん、最後に、到着、

15時のライオンだよ!」

 

ぼくは、あなたのライオンじゃありません、

ムシュー。

 

 

 

「ふん、今日は、くさい犬だな!」

 

ぼくは、たしかなことは、犬じゃないんだよ、

ノミさんたち。

 

 

 

ワニじゃないし、ビーバーでもない。

ぜんぜんカバにもみえないし、

モグラでもなくって. . .

イノシシでもないの。

そしたら、ぼくは誰なの?

 

 

 

「こんにちは。

私は、きみのもさもさした、

たっぷりの毛がすきよ。」

 

 

「きみはぼくが誰だか

気にならないの?」

 

 

「きみは、私の愛するひとよ。」

 

 

 

mon amour

 

 

 

“Salut,  j’aime tes gros poils.”

 

“Tu ne veux pas savoir qui je suis?”

 

“Tu es mon amour.”

 

 

 

: : : : : : : : : : :

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『Light in May』(2020)おのだ希

 

 

ありがちな、お花のイラストだけど、

 

5月の光がきらきら . . .

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西村由紀江さんのピアノ曲『泪壺の詩』を

弾いています。ピアノの音だけで弾くと

とても、そっとした曲です。

 

 

 

今日のイラストは、

デルフィニウムのお花の印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『あやめブルー・Iris Blue』(2020)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『Colors I Made by Mixing Colors』

(2020)おのだ希

 

 

 

色が、あなたに可愛くお喋りしています ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『Deep Breathing・深呼吸』

(2020)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『Beautiful Green』(2020)おのだ希

 

 

 

印象で、描きました。

 

微妙な色の差のグリーン色、黄緑色を

使いたくて、混色を。

 

 

 

緑、というのは緑色の絵具もありますが、

青と黄色で作ることができます。

青を水色に変えて

水色と、黄色とかベージュを、混ぜたり、

水色と黄色と、うすピンクを混ぜたり . . .も。

 

いろいろ試すと、楽しいかも。