boy







『A Boy』(2022)おのだ希






















an airplane & a swallow




『An Airplane and a Swallow』(2022)おのだ希





























cymbidium







『The Cymbidium・シンビジューム』


(2022)おのだ希





冬に、描きました。




Artgeneさんにて、印刷額装作品として


販売しています。


額装を、カスタマイズしていただくことで


お部屋に合う感じや


お求めやすいお値段に変更できます。





Artgeneさんでの、わたしの作品 . . .


お花屋さんみたい ☆ に


なってきました(笑)。















ochibisan






『おちびさん・A Little Girl』(2022)おのだ希






















giacometti tree






『Giacometti Tree』(2022)おのだ希






ジャコメッティの彫刻みたいな、枝。
















his life






『His Life 1 』(2022)おのだ希












his life








『His Life 2』(2022)おのだ希



















his life







『His Life 3 (車の中で・in his car)』



(2022)おのだ希







” He ” is my father.
































a fish







『A Fish・お魚さん』(2022)おのだ希









こちらは、コラージュ作品です。






: : : : : : : : : : : :





若い頃、1年間経験した、美術系の大学。


授業の課題で


君は何で、きれいにきちんと作品を作らないんだ、と。


コンセプトがない、天真爛漫だね、と。


言われ続け、とても悲しく感じました。




まぁ、小さな頃から図画工作の工作が


めちゃくちゃ苦手だったわたしが、


デザイン科に入った点が、おかしかったのですが。




でも、今考えるとよかったと思うこと、を書きます。





きれいに、仕上げないと


伝わらないことを知ったこと。


(そういうきれいに仕上げたものばかりが


美術やデザインでは、ありませんが)


伝える、上での、気持ちの受け渡しに


つながるから。






そして . . . それまで写真は身近ではなく、


自分で撮ったことがなかったのを


(スマホや、デジカメの時代ではなかったので)


(授業で写真があったので課題のため)


写真を撮るようになりました。


わたしは写真は上手くないけれど


構図をパッと切り取る楽しさが


絵を描くのと同じだと(後で)


感じるように。





それから . . . 大学でのことがきっかけで


コンセプトについて考え続けて、結局


わたしは、頭で考えたコンセプトについて


つめていって、作品を作ることは苦手だということ。





それなら . . .


ピアニストが、フレーズを思いつき、つなげて


美しい曲を作り、タイトルを付けるように


そういうふうに、作ろうと。




そのほうが、自然でいいなと。




物事に、ことさら構えないようにしようという、


心持ちになったこと。





また、マティスについて知って、


彼はハサミでモチーフの形を切るから


そんなビシビシきっちりした形じゃなく、


もっと自由。


それでいいんだ、きっちりしなくても。


って思えたこと。






わたしにとっての真実を発見するため


必要な経験だったんだなと思います。






ちなみにマティスの


『オセアニアの思い出』1952-53年


(ニューヨーク近代美術館蔵)


という作品、すき。


色の間に


木炭のゆるやかな、リラックスしたラインが


描かれているところが


なんかすき。







今、


その日、その日の感じで


そうだな、色で抽象画だな、とか


今日はコラージュ、とか


線と色で、描きたいな、とか


いやいや線でシンプルにいこう、とか


しています。





いただける仕事も、


今までに作った作品からの仕事、以外なら


描きたいな、と思うものはするけれど


描きたい気持ちがしない、のは


しないようにしています。


そういうのは結果的にいい絵にならなくて


仕事が成立しないことを知ったから。





作品を作ったりしていると、日々


ただ自分にとっての違和感、を見極めることに


敏感になります。


そこが要、なのでしょう。


まだまだ、へなちょこ!ですが(笑 ☆) . . .
























homage to matisse 1







homage to matisse 3











『マティス作品


「ポルトガルの尼僧の手紙」挿絵


(マリアンナ アルコフォラード 著)


へのオマージュ


・Homage to Matisse’s Work』





唇の角度が違うし、眉毛の角度も違う。


マティスの、静謐で


哀しいような、温かいような、


夢見るような、筆致の作品とは


似ても似つかないけれど . . .


敬意を込めて。







わたしは


もし、ひとつだけ、もしもひとつだけ


どこにでも行けるとしたら?と、聴かれれば


(だいすきなひとの所は、別として)




マティスの制作した、ヴァンス礼拝堂、に行きたい。





I wish for love and peace . . .




























japanese camellia






『椿・The Japanese Camellia』


(2022)おのだ希





父との散歩途中の道に、咲いていました。











cerbiatto






『子鹿・Cerbiatto』(2022)おのだ希





チェルビアット絵本店さんの入っている



cojica booksさんからの帰り道



興福寺近くにいた鹿さんを、アレンジして。



















leaves






『Leaves 2022』(2022)おのだ希





葉を描くのは、わたしの定番 . . . ? かな。
















piano 2022







『The Piano』(2022)おのだ希





母と伺ったホテルに置かれていた、古いピアノ。





















wild daffodil







『ラッパスイセン・The Wild Daffodil』


(2022)おのだ希















ume tree



ume tree









『梅の木・The Ume Tree』


(2022)おのだ希




















tattiro







『Tat tiro pan・タッ ティロ パン』



(2022)おのだ希






tattiropan







タッ ティロ パン



タッ ティロ パン



意味のない 



なんて すてきな言葉



タッ ティロ パン



タッ ティロ パン



聴こえてくるよ 胸のなか