ドラマ『グランメゾン東京』より、スケッチ。

 

きれいな、アクセサリーみたい。

 

 

 

 

 

『PIANO SWITCH』

(ピアニスト西村由紀江さんの楽譜)

 

『時のきらめき』を弾いていて、その曲の

楽譜の最後の次のページの写真を見ると、

背筋が伸びるように、すぅっとして、

ピアノの音もすぅっと . . .なります。

 

絵は、似てない . . . です。☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとの、遊びが、きれいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『今朝』(2019)おのだ希

 

 

 

『明日のために』(Music by 西村由紀江)

を、楽譜を見ながら弾いています。

 

 

こんなに繊細に明日がやってくるなら . . .

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魂(たましい)の救いを知るために

 

絵を観たり、音楽を聴いたり、

本を読んだりして、

 

ふに落ちるページや色や旋律に

出会ったりします。

 

 

わたしはいつも

たすけて、たすけて . . . って思っている

へなちょこさんだから、なおさら

 

魂の救い、楽しみ、のために絵を描く。

そんな気がします。

 

 

 

 

 

 

2019年作品ページ

新しく作品を追加いたしました。

 

☆☆☆

 

 

: : : : : : : : :

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(一枚だけ、夏の写真。 )

 

 

 

気に入った、色やかたちを記憶していたくて

 

時々、写真を撮ります。

 

 

 

 

 

色スケッチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月初旬にポートフォリオを装丁家の方々に

ご覧いただいたのですが . . . それぞれの方に、

同じことをご指摘いただきました。

 

 

『たくさんのイメージを1枚絵に

詰め込みすぎているような、

そんな印象も持ちました。

にじみや、思わぬ色の重なり、

筆先でコントロールできない表現を大切に。』

 

 

『若干要素(モチーフ)が過剰な気がします。

もうすこし画面における要素が

整理されてくると良くなると . . .』

 

 

ご指摘を受け、自分の描いた絵をもう一度

さらっと観たとき

 

 

わたしは . . . 今まで絵の中で

ことさらバランスをとろうと、

色やかたちを描きながら配置していって、

結果、余分なものを描いているなと

気づいたので . . .

 

 

『絵の中でのバランスをとる為に、

色を置いて行くのはいけない』と。

 

 

ひそかに、心に決めました。

 

 

そうして11月、12月、描いています。

 

 

シンプル。味わい深く。

そんな感じ。

 

 

もう一つ。

そう感じるように

そう心を決めるように

なったのは

 

 

ピアニストの西村由紀江さんが、

新聞記事のなかで

 

 

 

『弁士の方が黙っていることで、より

想像をかき立てられることもあるように、

あってもなくてもいい音はそぎ落とす。

最小限の音で伝えたいと思うようになった』

 

 

とおっしゃっていたことが、あったから。

 

 

 

あのわたしのすきな音色の世界は、

そうして作曲されているのかと、知ったとき

 

 

わたしも、その音色の近く、

(自分自身があるから)

 

に行きたいと。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマ『グランメゾン東京』より。

 

おいしそうでしたので、スケッチ、絵の研究。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいだったから。