『みっつめの ボールのようなことば。』

糸井重里 著

 

あまり感想をどうのこうのと、

言いたくないくらい、

それほどおもしろい本でした。

森博嗣さんの、解説も

おもしろかったです。

 

美味しいものをいただいた時に

おいしいです、ありがとう。と

いう感じ。

 

 

 

 

 

本日、まだほんのりあたたかい秋

午前中の遊歩道のこと。

その奥に公園のある、

桜の並木道です。桜の木は早くに

赤く色づきます。

桜以外の木、例えば

大きな楓に似た葉の木もある道です。

 

そこで、保育園児たちが

おもいおもいに自分のすきな葉を、

赤や黄色、オリーブグリーン . . .

落ち葉ひろいしていました。

 

わたしがその道を行こうとしたとき

ひとりの子どもが、

『これ、あたり?』と

まるで、夏にアイスを食べた後に出た

当たりと書かれた棒を見せるように、

ひろった葉一枚を先生に差し出して、

聞いていました。

 

 

 

 

 

: : : : : : : : : : :

 

詩集絵本、ご感想いただきました。

わたし、うれしくて . . .

ありがとうございます ☆

 

詩集絵本はひとりで、作っていたので、

読まれた方がどんなふうに感じられるか

わからなかったので、ほっといたしました。

 

: : : : : : : : : : :

 

 

昨日 詩集絵本「I」 届きました!

 

ありがとうございます

 

色彩が瑞々しくて

 

美しくて

 

優しいリズムが素敵です!

 

こころがすこし渇いたときに

 

そっと見せてもらいますね

 

 

: : : : : : : : : : : :

 

 

 

 

 

色の、研究。秋。

(こちらの中のほとんどの色は

混色しています。)

 

きっちり描くと、つまらないので、

そのまま飾ってもきれいなように、

描きました。

 

 

 

ライン、フォルムの研究。

抽象画に生かしていきたい。

 

 

 

 

 

ドラマ『グランメゾン東京』のコース10品目

Dessert モンブラン・アマファソンを観て

とてもラインがきれいだったので、

ペンでドローイングいたしました。研究です。

 

 

 

 

 

 

 

詩集絵本『 I 』、出来上がりました。

 

iichiさんで、販売しています。ぜひ。

 

 

 

表紙。

 

 

中表紙。

 

 

 

製作中はこんな感じで、絵と言葉を

綴っていきました。

 

 

 

抽象画や、

具象(イラスト)と抽象の混ざった絵の、

詩集絵本です。

 

 

絵の色が美しいです。

 

 

 

タイトルの『 I 』は、わたし、という言葉です。

わたし、が変化していく、物語。

というと説明的ですが、

もっと感覚的な楽しさのある、お話です。

 

 

 

優しい、ヒーリングブックのような、

絵と言葉。

 

 

 

左ページに言葉、右ページに絵がございます。

 

言葉は、英語と日本語です。

 

 

30ページ(絵と言葉)で、

一つの詩になっています。

 

 

表紙、中表紙、奥付、裏表紙、など合わせて

冊子全部で、

36ページです。

 

 

B6サイズ

128mm(よこ)×182mm(たて) です。

 

 

 

 

 

 

『ランチトーク』(2019)おのだ希

 

 

 

 

先日、美術館に行ったとき、

クリムト、シーレの素描が観られて

よかったなと思いました。

 

 

わたしは素描を観るのがすきで、

今まで素描の原画を観られたのは

モディリアーニや、ゴッホ、鏑木清方、

ジャコメッティ、ブルーナ . . . などなど。

 

 

 

きちんとお化粧をした絵画作品もいいけれど、

素描はよりシンプルだからこそ、興味深く、

時間がたっていても、

その線が生まれたときの息づかい、

モチーフや画家の、ライブ感というか

生きている感触が、するから . . . すきです。

 

鉛筆か、黒チョークなどで、

クロッキーの紙に描かれていることが多いです。

 

 

 

素描感を出した作品を作りたくて、

わたしは、2010年『Simply Jazz 展』の頃、

キャンバスに、素描を描く感覚で作品を

作っていました。タイトルのJazzは、実は

マティスの切り絵の、挿絵本『JAZZ』に

ちなみ、マティスのように音楽的な

生き生きとした線やフォルムが描けたらと、

展示のタイトルにしました。

 

 

ああ、マティスのドローイング、素描が、

観たいです。

格別なんだろうな。

 

 

 

そしてちなみに

わたしは今は、ペンで、紙に

ドローイング、素描を描いています。

ペンで描くのは、学生のときから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花屋さんの、軒先に置いてあった

フォルムの印象的な、ちいさな植物たち。

思い出しての、スケッチ。

 

 

まるまるのほうは、

プルプルしている質感が、

ちょっとだけ、海ぶどう、みたいなのです。

海ぶどうより、大きなまるです。