『The Sunset・夕日』(2021)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『タンポポ・The Dandelion』

(2021)おのだ希

 

 

そっかー、歌で聴いていた

原田知世さんの『音楽と私』というアルバムの中の

『ダンデライオン』(ユーミンの名曲)って

タンポポのことなんだ、と気づきました。

気づくのが遅い…

 

「遅咲きのたんぽぽ」と歌のサブタイトルにあったのに

タンポポとダンデライオンは別ものと思っていた…

しかもなんか素敵なライオンだと思っていた…

金色の風になびく色のイメージがきれいだなぁって。

ごめんなさい。

変なわたし。

でもすごくいい曲だなぁと感じていました。

 

歌詞、言葉が結びついて、よりしみてくる。

今まで知らなかったなんて、あほやん、です。

 

 

今日は、本当に普通のタンポポの絵だけれど。

 

 

4月16日からの個展のことを考えると

緊張してきました。

以前構えずにひととお話しできるようになったかも

って書いたけれど、本当かどうかわからない…

 

 

というわけで、4月25日くらいまでパソコンの

メールが見られないので問い合わせに答えられません。

お急ぎの方は、インスタグラムにメッセージください。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『すみれ・The Violet』(2021)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『Tears』(2021)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『シンプルの正体

ディック・ブルーナのデザイン』

(ブルーシープ)

を読みました。

 

344ページ、から抜粋

『配置も……

絵を描く感覚で気にいったところで

止めたような、自由な感触があります。

そのおおらかさが伝わるから、楽しいし、

やさしさを感じるんだと思います。』

(菊地敦己さんの言葉)

 

というお話が、ブルーナさんのデザインを

観たときに感じていた楽しさ、うきうきする感じ

の抽象的ではない、答えなのかもと思って

納得です。

 

 

 

『My Image of Dick Bruna』(2020)おのだ希

(再アップです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個展で販売するA4アートポスター『千日紅』が

出来上がって来ました。

オンデマンド印刷で、アラベールスノーホワイトという

あたたかい風合いのある紙に印刷していただきました。

 

上の写真は、A4アートポスターにマットを付け、

額に入れたものです。

写真ではお伝えしきれないのですが…

柔らかくて素敵な感じ。

 

 

A4アートポスターにマットを付けたところ。

 

 

 

マットの窓の大きさは、A4よりひと周り小さく

注文します。

わたしは、太子サイズのマットと額で、

マットの窓を縦 280mm・横 200mmにしました。

マットの裏側はこんな感じで付けます。

(ピタック・マスキングテープ)

A4アートポスター。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『cocolo jewelry』(2021)おのだ希

 

今まで描いた絵の画像から、

パソコンでコラージュ。

今日は遊び感覚で、作りました。

 

作品ページ、2020年&2021年の作品を

まとめてアップしました。ぜひに〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

『Hands Drawing』(2021)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

『どこ行くの?・Where Are You Going?』

(2021)おのだ希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『Hands』(2021)おのだ希