☆ circles

 

 

 

『 ☆  circles』

 

 

 

 

 

 

nemesia

 

 

ART-Meterさんにて

 

『ネメシア』(2016作)を、ご購入いただいた方、

どうもありがとうございます。

 

庭に咲く、ネメシアをイメージしながら

抽象的に仕上げました。

 

 

作品が無事、届きますように ☆

 

 

N o z o m i

 

 

 

『参考までに、額入れについて』

 

 

額に入れて飾る場合、

検索サイトで『キャンバス 額装』というワードで

検索していただくと、

画像検索結果で

仕上がりイメージがつかみやすいと、思います。

 

 

たとえば

木製フレームで浮かし、という方法で、額入れのときは

木のフレーム、絵のバックになる部分を

白っぽい色を選ぶときれいです。

 

 

キャンバスを額入れせずに、そのまま飾る場合は、

画鋲を壁に水平に2点うち、キャンバスの木枠を

ひっかける、簡易の方法もあります。

 

 

展示は、湿気や、直射日光に気をつけて下さい。

 

 

 

N o z o m i

 

 

 

 

 

July

 

 

 

『July』

 

 

 

 

 

 

campsis grandiflora

 

 

 

ノウゼンカズラ、を描きました。

 

 

実際の花の色は

ルージュオレンジ+イエローで、

 

もっとはっきりした強い色ですが、

この絵では、線が生きるように、淡く色付けました。

 

 

 

 

 

soft and light

 

 

 

 

 

この淡いフルーティな色たちの .  .

 

色の持つ夢、って、なんだろうな  .  .

 

 

たとえば

 

 

 

こどもごころの

母や、ママ、のような淡いやわらかいイメージ  .  .

 

 

 

イメージにすぎないかもしれないけれど

 

 

確かにそこにあった、

 

 

誰かの

 

 

みんなを包み込む、

 

やさしいまなざし。

 

 

 

 

 

 

 

 

Summer ☆ Summer

 

 

『Summer ☆ Summer』

 

 

 

 

 

 

 

mutukasiku

 

 

『むつかしく、考えないよ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sizuku

 

 

『紫陽花の雫』/ N o z o m i

 

 

 

 

 

 

 

 

『ひとつ』

 

 

私のほしいもの

 

流れ星にひとつ

 

きみの目尻のしわ

 

くちびるが、ほどけて

 

笑ったとき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

summer dish

 

 

summer dish

 

 

夏の、お料理の色。

 

 

 

 

agapanthus & erigeron

 

 

 

 

 

 

 

ikusen

 

 

 

 

昨日の在処、のつづきです。

 

 

得体が知れず苦しくて、そんなとき

 

愛と苦しみは

心の同じ場所から

生まれていることに気づく

 

その苦しみは孤独と言えるものでは

 

ないかもしれないけれど

 

 

 

 

 

孤独は、愛の存在と同じ、場所

 

そのふたつは、分ちがたく

 

ひとつの心の卵から、

 

一緒に生まれるのかもしれない .  .

 

 

 

 

幾千の物語も、

 

自分の歩くみちも、

 

そこから、生まれるように

 

 

 

 

そしてもしかして

 

おとなが時たま

 

優しい冗談を言って、心をとばすのは

 

お互いにその場所があることを、

 

どこかで知っているから

 

 

 

 

 

 

 

arica

 

 

『在処』/ N o z o m i

 

 

 

 

苦しみの存在は

愛の存在と同じ場所に生まれる、と気づいた

 

(苦しいときは、

身動き出来ない気がして、でも)

 

だいじょうぶ。自分にいいきかせてみる。

そんな、同じ場所、在処。