namituki

 

 

 

西村由紀江さんの、曲。新しく2曲弾き始めました。

 

「波にとけた月」は今とてもすきな曲で、

音色が、変わるところが交互にくる、ところが

すき。

 

 

 

雲の間からこぼれる かすかな光を受け

うかんでは消えていく 湖に映る 紫の月

 

とブックレットには書かれてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

feellikea

 

 

 

 

以前に、描いたもの。

色やラインが、すき。

 

 

上のは、スクールに通っていたときの、クロッキー。

 

下右は、2013年頃、抽象画をかいたとき、

それをプリントした服をデザインしてみたくなり  .  .

描いてみたデザイン画みたいな感じ。

 

下左は、2014年頃、

ミモザのかけらが道に落ちていたのをひろって、

見て描いたもの。

そのミモザは花がもう、つぼんでいて、

黄色いつぶつぶの実みたいになっていました。でもきれい。

(この絵は、サイズ違いで2枚描きました。

そのうち小さいサイズの方は、sold outです。)

 

 

 

 

 

atarasii

 

 

 

 

こちらの、混色した色を使って、絵を描きました。

 

私にとって  .  .

今の1月のイメージの色達なのですが、

キャンバスに絵を描いたら、にぎやかな感じに

なりました。

 

その絵は、また、いつか。

 

 

 

 

 

 

yasasigreen

 

 

『優しいグリーン』(2013)をご購入くださった方、

どうもありがとうございます。

 

 

素描のように、キャンバスに描きたい  .  .

と思いながら描いていた頃の作品です。

 

 

作品が、無事お手元に、届きますように。

 

 

Nozomi

 

 

 

 

 

happynewyear18

 

 

 

ありがとうございます、を込めて  .  .

よき年になりますように。

 

 

 

Nozomi

 

 

 

 

 

 

 

gakushasin

 

 

2017年の、水彩紙作品(アクリル絵具)を、

額入れしてみました。

白いマットに、白いフレームです。

 

 

 

 

何作品か、同時に飾る場合は

こちらの写真では例えば、

まるいかたち、など

モチーフの性格の共通するものを並べると、

調和します。

 

同時に色の調和を考えたり、

その絵のもつ動き、をみて何作品かで

流れをつけたり  .  . しますが

 

飾るときの、一番は

自分の、すきな感じ、を見つける、

フィーリングを楽しむ、のがいいかも、です。

 

 

 

 

 

 

 

ドラマの話。

 

 

少し前になりますが、

ドラマ『トットちゃん!』で、トットちゃんの恋人

 

 

ピアニストの祐介ケルナーさんが、

会場で、アンコールに出なかったとき

(祐介さんは体がおかしくて

異変にきづいて落ち込んでいた)

 

 

そのあとお部屋で

 

トットちゃんが、祐介さんに何も言わず、

「何かおいしいもの、召し上がる?」とだけ言い、

髪の毛のなかから、あめだまを出して、祐介さんに渡し、

「わたしも。」ともうひとつあめだまを出して . .

というシーンがありました。

 

 

トットちゃん、優しいひとです。

 

 

わたしだったら、もしも  .  .

誰か大切なひとが、何かで落ち込んでいたら  .  .

 

 

大丈夫?とか、どうしたの?とか、

父や母に日常で(そんなにないけれど)、

言ってしまっているみたいに

 

 

ひとの心を見ず、聴いてしまうかもしれない  .  .

 

 

 

と思い、印象にのこっています。

 

 

 

それから . . 登場人物、みんな個性的で

いきいきしていらっしゃいましたが、

渥美清さんと、トットちゃんのコンビも優しいなぁ、

と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

FabCafeさんのブログにて、

 

12月25日まで開催されていた

 

Open Design Giftのカードケース展示が

 

紹介されました。

 

(*展示は終了しています。)

 

 

Nozomi

 

 

 

 

 

 

『Rainy Christmas』

 

 

 

肩をたたく

 

降り始めた

 

Rainy Christmas

 

今夜は、願いを雫に

 

 

 

君の心が、狭く冷たい牢屋

 

閉じ込められないよう

 

私の心の、ひだまりみたいな場所が

 

君をあたためるといいな

 

 

 

そう思えたのは、

 

あの日差し出してくれた、

 

君の黒のこうもり傘

 

ちょっとださくて、大きくて、はずかしかった

 

 

 

だけど、泣きそうになったの

 

 

 

 

Rainy Christmas

 

そんな夜もいいね

 

 

 

 

いつか、たどり着いたあの部屋に

 

落とした、雨粒と鍵は

 

時を越え

 

いま、私の心のドアを開けるから

 

 

 

 

今夜は

 

Rainy Christmas

 

 

 

抱きしめてあげたい

 

 

にじむ冬空

 

 

 

 

 

 

hidamarinoajisai

 

 

 

 

 

『ひだまりの、紫陽花』