春の初めに、訪れた海。

 

いつになく、

まじめな感じの絵に描いておきたくて。

 

 

 

 

 

 

主役のおふたりにおこられそうですが . .

Maud Lewis (サリー・ホーキンス)&

Everett Lewis (イーサン・ホーク)

 

 

(松任谷由実、おしゃれ☆Road Showというコラムで

書かれていた、)

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』

を、観ました。映画を観に行くのは、4年ぶりくらい  .  .

 

 

ユーミンと同じく、途中からわたしも、涙がながれ放題で、

ハンカチで拭うひまもなく

はじめはどうして、涙が出てくるのかわからなくて  .  .

でも手で拭っても拭っても涙が流れてくるので、

ラストまで。

 

ちょっとしたしぐさ、表情に、ふたりの魂が。

 

とてもすきな映画です。

 

 

エベレット・ルイスを演じたイーサン・ホークは

(抜き書き)

『エベレットの視点で考えると、この映画は

人をどう愛していくかを学んでいく男の物語に思えた。』

『これまで見たこともない美しいラブストーリーだからね』と。

 

 

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』

 

 

 

 

 

 

 

ホームページカードを作りました。

 

 

 

 

『日々、ここに在りてひかる』

 

 

日々の流れがあって、モチーフと出会う。

そんなことを、丁寧にそしてすばやく

描いていくことは、カヌーを漕ぐようです。

 

 

Nozomi

 

 

 

 

 

先日母の、ワンピースすがたを

ペンで、描きました。

 

その絵の世界は

母を超えて別のものになったけれど、

 

目の前には

私が子供のころ憧れていた、

あの頃の母が、もう一度よみがえり、

鮮やかに、あたらしく。

 

人っていくつになっても、

(ちょっとしたくだらない  .  . ことかも

しれませんが  .  . )

おしゃれっていいものね、と思いました。

 

 

 

 

 

絵は本文に関係ないけれど、

私が描いた東京のビルたち。

 

 

 

試聴してみたら、とてもいいな

と思ったのが手嶌葵さんのアルバム、

 

『東京』

東京

赤い糸

オンブラ・マイ・フ

瑠璃色の地球

The Christmas Song

 

 

今 .  . 春夏に、

聴くものを何となく、探そうと思ったのだけど、

なぜか秋冬に出た

『東京』、『赤い糸』が、

(2つとも全部聴いたあともういちど)

いいな  .  .と。

 

 

自分自身の心は、よくわからなくて、

でも聴けば聴くほど

わかりすぎるような気がして、ふしぎ。

 

 

 

 

 

 

 

らくがき、追加  .  .

 

なんか、ごきげんな感じになってしまいました  .  .

 

4月の、イメージです  .  .

 

 

 

 

 

 

 

 

『まるい、碧』

 

 

 

 

 

 

 

『すぐそこのたからもの』よしもとばなな著

 

 

すごくすごく、切なくってかわいい本。

絵もすてき。ずいぶん前に私のところへ

来た本だけど、いつ読んでも、はっとして

自由なきもちになるの。